Most Popular


君がダッチワイフの歴史を知ってますか。
近代ドール彫刻家は女性の美しい像を作りました。 彼は彫像の美しさに感動し、それに魅了されました。 彼はそれが生きることを願って神に祈りました。 彼の夢中はエロスに触れ、彼の願いは叶い、それ以来彼は幸せな人生を送っていました。 これはオランダの妻に謎のタッチを追加します。 これはオランダの妻の起源でもあります。 戦争中の男性の性生活のために作られたセックス人形だと言う人もいます。オランダの妻には多くの起源があります。どれを信じるかを見てください。 しかし、今では人々はオランダの妻の起源に過度に絡まっているわけではなく、セックス人形の代名詞となっています。現代のセックス人形のプロローグは、ヒューマノイドモデルに基づくシュールレアリストの芸術家の芸術によって開かれました。半裸の女性のマネキンはカタツムリで覆われていました。シュルレアリスムのアーティストは、作品にポルノを注入しただけでなく、マネキンにも「侵入」しました。これはダッチワイフに青い芸術を追加します。船員によって作られたセックス人形は女性の体の代わりにすぎませんが、女性は誰でもかまいませんが、特定の女性の代わりに人形を作る人もいます。船乗りの生産は単純で、限られた条件下で適切な材料を見つけることは非常に難しく、それを作ることは非常に困難です。誰かがセックス人形を作りたかったので、彼はテーラーに多くの詳細を提供しました-彼女の外見だけでなく、彼女の肌の感触さえも。人形を受け取った後の反応については、歴史家は異なる見解を持っています。送られた人形は毛皮で人のようではなく、ぬいぐるみのようでした。米国では、セックス人形が通信販売のセックス用品が合法であったちょうど1968年頃にポルノ雑誌の広告に最初に登場しました。 1980年代までに、ほとんどの成人向け商品店で見られるようになりました。種類多くのダッチワイフは等身大です。しかし、それはまた多くのサイズを持っています。大人から子供まで、漫画のキャラクターがいる顔も。二次元から出てきたように、より可愛く見えます。オナニー支援専用の「トルソ」と呼ばれるタイプもあり、頭や手足は省略されています。手も足もない胴体もあります。など、現在のドールは多くのタイプにされています。ドールは主に男性の模擬性交のターゲットとして使用されますが、日本ではわいせつなオブジェクトをターゲットにしているため、女性の性器を最初から模倣するものはほとんどありません。別売りされている。最近、主にシリコーン樹脂を使用する高級ダッチワイフを「ラブドール」と呼んでいます。このように、女性に非常に似ている高級品は、原始的な性的道具ではなく、等身大の着せ替え人形としてしばしば使用されます。デコレーションや写真撮影などに使用すると格好良く、特に人形の骨格は椅子に座って様々なポーズをとることができ、専門メーカーは様々なオプションパーツを用意しています。ヘッド等を自由に選べるようにしました。また、お客様が自由に選べるものがあり、人形市場を活性化させています。 ...



君がダッチワイフの歴史を知ってますか。

近代ドール彫刻家は女性の美しい像を作りました。 彼は彫像の美しさに感動し、それに魅了されました。 彼はそれが生きることを願って神に祈りました。 彼の夢中はエロスに触れ、彼の願いは叶い、それ以来彼は幸せな人生を送っていました。 これはオランダの妻に謎のタッチを追加します。 これはオランダの妻の起源でもあります。 戦争中の男性の性生活のために作られたセックス人形だと言う人もいます。オランダの妻には多くの起源があります。どれを信じるかを見てください。 しかし、今では人々はオランダの妻の起源に過度に絡まっているわけではなく、セックス人形の代名詞となっています。現代のセックス人形のプロローグは、ヒューマノイドモデルに基づくシュールレアリストの芸術家の芸術によって開かれました。半裸の女性のマネキンはカタツムリで覆われていました。シュルレアリスムのアーティストは、作品にポルノを注入しただけでなく、マネキンにも「侵入」しました。これはダッチワイフに青い芸術を追加します。船員によって作られたセックス人形は女性の体の代わりにすぎませんが、女性は誰でもかまいませんが、特定の女性の代わりに人形を作る人もいます。船乗りの生産は単純で、限られた条件下で適切な材料を見つけることは非常に難しく、それを作ることは非常に困難です。誰かがセックス人形を作りたかったので、彼はテーラーに多くの詳細を提供しました-彼女の外見だけでなく、彼女の肌の感触さえも。人形を受け取った後の反応については、歴史家は異なる見解を持っています。送られた人形は毛皮で人のようではなく、ぬいぐるみのようでした。米国では、セックス人形が通信販売のセックス用品が合法であったちょうど1968年頃にポルノ雑誌の広告に最初に登場しました。 1980年代までに、ほとんどの成人向け商品店で見られるようになりました。種類多くのダッチワイフは等身大です。しかし、それはまた多くのサイズを持っています。大人から子供まで、漫画のキャラクターがいる顔も。二次元から出てきたように、より可愛く見えます。オナニー支援専用の「トルソ」と呼ばれるタイプもあり、頭や手足は省略されています。手も足もない胴体もあります。など、現在のドールは多くのタイプにされています。ドールは主に男性の模擬性交のターゲットとして使用されますが、日本ではわいせつなオブジェクトをターゲットにしているため、女性の性器を最初から模倣するものはほとんどありません。別売りされている。最近、主にシリコーン樹脂を使用する高級ダッチワイフを「ラブドール」と呼んでいます。このように、女性に非常に似ている高級品は、原始的な性的道具ではなく、等身大の着せ替え人形としてしばしば使用されます。デコレーションや写真撮影などに使用すると格好良く、特に人形の骨格は椅子に座って様々なポーズをとることができ、専門メーカーは様々なオプションパーツを用意しています。ヘッド等を自由に選べるようにしました。また、お客様が自由に選べるものがあり、人形市場を活性化させています。 Read More ...
Posted on: 09/04/20



Login


Username:
Password:

forgotten password?